大江戸


青山の老舗の鰻屋「大江戸」へ。都心を感じさせない路地裏の趣のある雰囲気。


肝焼きは品切れ、白焼きは夜しか注文できないので先付のこんにゃくの煮物と「瓶ビール(大瓶)¥800」で焼き上がるのを待つ。


待つこと数十分「うな重(ふみづき)¥4100」と「きも吸¥250」が着重。
控えめの甘さ、しっかりコクがあるけど主張しすぎないタレをまとったうなぎは蒸したて焼きたてでふっくらふわふわ。
上品なきも吸で〆。落ち着いたいい時間を過ごせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。