うな辰


亀有のうなぎ屋「うな辰」へ。


昭和の雰囲気が色濃く趣がありすぎる。
1970年代の達筆すぎるサイン色紙が飾られる店内


注文をしてから蒸すうなぎを待つ時間は…
もちろん瓶ビール¥600。大瓶なのが最高。キリンとアサヒが選べるので銀色のヤツをチョイス。
白木のカウンターと座敷が落ち着く。


プリッとした食感に軽めのたれがかかった「きも焼き¥250(1本)」。
新鮮で嫌味のない大人の味。


サクッとした焼き目でふわっと柔らかい蒲焼きの「うな重(上)¥2300」。
キリッと淡麗でサラサラのタレと硬めのごはんが超絶好み。
この品質でこの価格はコスパ高すぎだ。よい昼下がり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。